SIP第2期
「スマートバイオ産業・農業基盤技術」
スマートフードチェーンシンポジウム

露地野菜のデータ駆動型生産・流通への展開
主催:農研機構野菜花き研究部門

農研シンポジウム 農研シンポジウム 農研シンポジウム 農研シンポジウム

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「スマートバイオ産業・農 業基盤技術」の研究開発課題「生産から流通・消費までのデータ連携による最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築」では、食品の生産、流通段階で発生するフードロスの削減と事業者の収益向上を目指し、需要側ニーズに応えて一次産品を提供するデータ駆動型スマート生産システムの開発と実証に取り組んでいます。
 
本シンポジウムでは、幅広い分野の関係者や有識者を参集し、取り組みの背景となる加工・業務用需要を主とした露地野菜の生産、流通現場における現状と課題を共有するとともに、精密出荷予測や自動化農機の開発、生産管理のICT化による課題解決の取り組みを発信し、スマート化への展開に向けた意見交換を行います。
 

開催日 2022年1月27日(木) 14:00 ~ 17:00

 

SIP第2期「スマートバイオ産業・農業基盤技術」スマートフードチェーンシンポジウム
 ―露地野菜のデータ駆動型生産・流通への展開― 

主催:農研機構野菜花き研究部門

 

1.開会挨拶

農研機構開発センター 原田久富美(SIPスマートフードチェーンコンソーシア ム研究代表)
(14:00 ~ 14:10)
 

2.講演

〇基調講演:加工・業務用野菜を取り巻く状況とスマート農業への期待

石川県立大学 小林茂典

(14:10 ~ 14:40)

 

〇生鮮野菜流通の現状と課題 ~産地リレー、DXの取り組みについて~

横浜丸中ホールディングス株式会社 岡田貴浩 

(14:40 ~ 15:00)

 

〇データ利活用による収穫予測ビジネス戦略

イーサポートリンク株式会社 深津弘行

(15:00 ~ 15:20)

 

WAGRIを介した予測情報提供基盤の構築

農研機構野菜花き研究部門 菅原幸治

(15:20 ~ 15:40)

 

〇生産現場におけるデータ利活用の推進 十勝地域組合員総合支援システムの取り組み~

十勝農業協同組合連合会 小川ひかり

(15:40 ~ 16:00)

 

AI技術による露地生産技術の革新 ~自動収穫・自動運搬技術~

東京大学 深尾隆則

(16:00 ~ 16:20)

 

3.パネルディスカッション

コーディネーター 農研機構野菜花き研究部門 佐藤文生
(16:20 ~ 17:00)
 

4.閉会

申し込みフォーム

必須お名前
フリガナ
セイ
メイ
必須勤務先名
【任意】 部署名
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
【任意】 ご質問・ご意見
※いただいたご質問、ご意見につきましては、パネルディスカッションの際に一部紹介させていただくほか、後日、回答をまとめてウェブサイトに掲載いたします。
特定の講師の方から回答を希望される場合は講師のお名前もご記入 ください。
必須送信確認